破砕機・粉砕機のリーディングカンパニー

代表挨拶・経営理念

代表挨拶

「もったいない」の精神からこれからも

1949年、リサイクルや環境問題など、まだまだ関心がなかった時代に当社は創業しました。
はじまりはプラスチック工場の片隅に積まれた、行き場のなくなった大量の端材。
捨てるのは「もったいない」という思いから、当社の製品は誕生したのです。
創業以来、技術を磨き続け、プラスチックやアルミ缶・電線等のリサイクルに欠かせない「破砕機」「粉砕機」の設計・製造技術において、常に業界を牽引してきました。
この「破砕機」「粉砕機」とは、プラスチックやアルミ缶・電線等を再利用するために、素材を粉々に砕くための機械。
資源をリサイクルするためには、その用途に合わせた再生プラントが必要なのですが、その中でも要の部分になるのです。
当社はお客様のニーズにお応えするため、開発・設計・製造までをワンバイワンで手掛けています。
特にプラスチック製品のリサイクルにおいては、国内で高いシェアを誇っています。
かつては鉄や木材でできていたモノが、軽量化や加工のしやすさからプラスチックへと移行してきました。
それに伴い、プラスチック製品の製造工場では、端材を再利用しコスト削減に繋げるための再生プラントが必要不可欠となり、当社製品の需要が高まり、時代と共に当社も成長を続けてきました。
むしろ、時代が当社の理念や志に追いついてきたといっても過言ではありません。
「もったいない」の精神から環境保全に貢献し、限られた資源しかない日本での世界レベルの「モノづくり」に これからも全力で取り組んでいきます。

代表取締役 鈴木 雅之

代表取締役 鈴木 雅之

社訓

  • 最高の技術
  • 最高の努力
  • 最高の和合

経営理念

  • 顧客の利益

    顧客の立場になり、
    誠実をもって仕事をする。

  • 社員の利益

    社員の生活向上に努力する。

  • 会社の利益

    たゆまぬ研究と
    開発に全力を尽くし、
    我が社を発展さす。