株式会社ホーライ ― 粉砕機・破砕機製造のリーディングカンパニー

「もったいない」という思いでこれまでも、これからも・・・
破砕機・粉砕機のリーディングカンパニー


株式会社ホーライ ― 粉砕機・破砕機製造のリーディングカンパニー



二軸回転連続剪断式破砕機

KSシリーズ

資源の再利用・固形廃棄物の合理化処理に、最先端技術を誇るガイナックスが多彩に活躍します!

構造

強力なパワーを生み、効率のよい回転刃。

当社の技術力を結集した、全通過形の破砕機ガイナックスは、基本構造として横2軸連続回転剪断方式を採用(特殊形として4軸式もあり ます)。 平行にセットした2軸に、回転刃とスペーサを組込み、対向する回転刃を常時噛み合い状態にしているので、 回転刃外周がオーバ ーラップして、外周エッジ間に連続した強力な剪断力が作用します。

低速回転でスムーズにクリーン処理。

当社のガイナックスは、主軸と従軸が共に低速回転することで、より確実な破砕力を生み出します。さらに、2軸の回転刃は、引取り兼用などの機能を持たせる場合を除いて、 異速度で回転しており、破砕作用の効率化を図っています。
また、 2軸の回転刃の外周域に固定されたくし形のスクレーパが、回転刃と噛み合う状態になっており、さらに、その先端はスペーサ外周に近接させているので、被破砕物の詰まりや巻付きを防止し、クリーンな破砕処理を実現します。

粒度と処理能力を決定する回転刃の形状。

全量通過形の破砕機ガイナックスの回転刃には、全体を一体成形したモノカッタと、シャンクの側面にサイドブレードをボルト止めし、さらに、爪刃部分にトップブレードをボルト止めしたサイドブレードカッタと、エッジブレードカッタの合計3種類があります。この回転刃は、処理能力と粒度を決定する大きな要因となります。

KSシリーズ構造・断面図等

製品仕様表

機種名 モーター 機械寸法 機械重量
KS-3060 5.5〜7.5kW 2,000mm(W)×1,050mm(L)×1,090mm(H) 1,700kg
KS-4080 22〜37kW 2,700mm(W)×1,525mm(L)×1,545mm(H) 6,000kg
KS-50100 45〜75kW 3,140mm(W)×1,665mm(L)×1,895mm(H) 9,500kg
KS-60120 55〜110kW 3,640mm(W)×1,945mm(L)×2,235mm(H) 14,200kg


  • 個人情報の取り扱いについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

新着情報 製品紹介 ホーライの歴史 企業情報 採用情報 トップページ